公益社団法人 塩釜青年会議所
slogan
新型コロナウィルス感染拡大防止対策

最近の記事

new
輝き誇れるまちづくり委員会
toppage
calendar 作成日:2021年12月28日 calendar カテゴリ:輝き誇れるまちづくり委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:輝き誇れるまちづくり委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2022年度

公益社団法人塩釜青年会議所

輝き誇れるまちづくり委員会    委員長 郷家 邦利

組織活性化委員会 委員長 郷家邦利 2022年度委員会基本計画
 二市三町は、それぞれの文化と伝統を重んじながら特色を活かし成長してきましたが、地域における担い手の高年齢化や感染症の脅威と向き合った交流方法が模索される中で、人々がその魅力を知り伝承できる環境が求められています。我々は、まちづくりに向けて想いをもつ同志を結集し、地域が一つになり市民が参画できる機会を創造するとともに活躍を伝え、人々が誇りをもって地域を輝かせる主体となる運動を展開する必要があります。
 まずは、笑顔溢れる地域を創るために、我々が地域の歴史や文化の成り立ちの学びを深め、それらの利点を活かしたJC活動を行うことで、地域を牽引できる存在になります。そして、輝く地域に向けた運動を推進するために、二市三町全域での活動を強化し、地域への想いを強くもった同志を迎え入れることで、地域の人々が輝く存在となります。さらに、誇りある地域の文化を未来へと継承するために、地域が一丸となり市民が活躍できる機会を創出し、人々が地域の魅力を再認識することで、市民が地域を輝かせる存在となります。また、地域の文化を未来へと繋げるために、先輩達が創り上げた事業構築のプロセスと地域への想いを学び、まちづくりに向けた会員の意識を向上させることで、人々の想いが次代へと受け継がれます。そして、笑顔溢れる地域の実現を加速させるために、他団体や行政と連携し、効率的に事業を展開することで、まちづくりに向けた運動の効果が高められます。さらに、地域と人々の輝きを伝播するために、我々のまちづくりに対する取り組みを発信し、多くの人々にご賛同いただくことで、地域を想う人々の輪が拡がります。
 我々はまちづくりに向けた気概を強くもち、結集した同志は地域への意識を向上させ、地域と人々の協力関係は更なる強みを増し、地域の文化が次代へと伝承されるとともに地域の人々の想いが受け継がれ、人々は地域を照らす灯となり、輝きの連鎖を生み出します。
2022年度委員会事業計画
  • 自ら輝くことで笑顔溢れる地域を目指した運動の実践
  • 自ら輝く志高き同志の拡大
  • 輝き誇れるまちづくりに向けた企画と実施
  • 輝き誇れるまちづくりに向けた意識の醸成
  • 笑顔溢れる地域のための行政や他団体との交流及び連携
  • 輝きを伝播するJC運動の発信
笑顔溢れる地域活性化委員会
toppage
calendar 作成日:2021年12月28日 calendar カテゴリ:笑顔溢れる地域活性化委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:笑顔溢れる地域活性化委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2022年度

公益社団法人塩釜青年会議所

笑顔溢れる地域活性化委員会    委員長 柏 佑賢

笑顔溢れる地域活性化委員会 委員長 柏佑賢 2022年度委員会基本計画
 地域の発展には、人の成長とそこに住む人が笑顔で過ごせる環境が必要であり、ふれあいや相互協力しながら市民の意識や行動を変革し、二市三町に関わる全ての人が自分たちのまちは自らで創るという当事者意識の醸成が求められています。私たちが起点となり、同世代の情熱と思いを巡らせ、JAYCEEとして家庭や職場、仲間、地域から信頼される人財となり、これからの未来を切り拓く役割を一人ひとりが担っていく必要があります。
 まずは、二市三町の地域活性のために、会員と市民との心を通じ合わせ、力強く未来を切り拓く気概をもって行動することで、笑顔が溢れる賑わいが創出されます。そして、JC運動に必要な多様性を兼ね備えている会員獲得のために、公開委員会を実施し、幅広い世代と交流をする機会を設けることで、JCI塩釜へ理解を深めて気概に溢れる組織になります。さらに、市民の笑顔が溢れる地域のために、世代を超えて多くの市民が意欲的に参画を促し、笑顔と感動を共有できる事業を構築することで、郷土愛をもつ市民が二市三町の伝統を多方面に発信されます。また、地域活性化に向けた意識を醸成するために、地域が抱える課題にSDGsの観点からアプローチし、解決方法を会員が学ぶことで、持続的なまちづくりの方向性が示されます。そして、地域をより輝かせるために、行政をはじめ各種地域団体との関係を維持し、新たな各関係団体との連携を増やすことで、笑顔が溢れる地域が実現されます。さらに、JC運動や活動の輝きを伝播するために、効果的な情報を様々な媒体を活用し、人々に発信することで、市民がJCI塩釜の運動に共感します。
 私たちが地域のリーダーとして、地域活性はひとづくりという理念に基づき、人々が手と手を取り合い、意識変革や行動の変革が二市三町の魅力を放ち、宮城県内外から交流人口が増えるきっかけとなり、市民の笑顔が溢れる地域が新たな輝きの連鎖を生み出します。
2022年度委員会事業計画
  • 自ら輝くことで笑顔溢れる地域を目指した運動の実践
  • 自ら輝く志高き同士の拡大
  • 笑顔溢れる地域の活性化に向けた企画と実施
  • 笑顔溢れる地域の活性化に向けた意識の醸成
  • 笑顔溢れる地域のための行政や他団体との交流及び連携
  • 輝きを伝播するJC運動の発信
未来へ羽ばたく青少年育成委員会
toppage
calendar 作成日:2021年12月28日 calendar カテゴリ:未来へ羽ばたく青少年育成委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:未来へ羽ばたく青少年育成委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2022年度

公益社団法人塩釜青年会議所

未来へ羽ばたく青少年育成委員会    委員長 髙橋 早季

未来へ羽ばたく青少年育成委員会 委員長 髙橋早季 2022年度委員会基本計画
 かねてより家族形態や意思疎通の手段が変化してきた中、さらにコロナ禍でこどもたちが地域との関わりで得られる自己承認等の機会も減少しており、人間関係の充実した環境でこどもたちの自己肯定感を育むことが求められています。私たちはJCI塩釜として、こどもたちが他者を思いやり尊重し、自信をもって自分の可能性へ挑戦していけるよう、地域でこどもを支えて育んでいく一翼を担い、地域の教育力を向上させる必要があります。
 まずは、笑顔溢れる地域の実現のために、教育機関をはじめとする地域団体と連携した自ら輝く運動をし、学びを得ることでこどもたちの豊かな心を育む環境が構築されます。そして、会員とよりよい変化をもたらす発展と成長の機会を提供するために、行政や他団体と連携した運動の展開により、共に明るい未来の実現に向け輝く志高き同志が拡大されます。さらに、こどもたちが夢をもち世界へ羽ばたいていくために、対話や共同作業の機会を通して他者理解や意思表示の大切さを学び、他者を尊重し自信を得ることで、自己肯定感が育まれます。また、会員としての自覚と運動に向けての一体感を高め市民と協力体制を構築するために、JCI塩釜内外に新体制の想いや具体的な取り組みを示し、運動への理解がより深まります。そして、こどもたちの豊かな心を育む運動を展開するために、笑顔溢れる地域の行政や他団体と交流及び協力し、市民に必要とされる地域交流の連携が構築されます。さらに、JCI塩釜から地域へ輝きを伝播するために、SNS等を活用し私たちの取組みや活動にかける想いを発信し、市民のJC活動への興味関心が高まります。
 こどもたちと関わることで私たち自身が成長し、市民と交流する活動発信を通して地域の人々にも私たちの想いが伝播し、他団体と連携した運動でこどもたちの自己肯定感が育まれやすい地域が形成され、未来へ夢と希望をもって羽ばたき輝きの連鎖を生み出します。
2022年度委員会事業計画
  • 自ら輝くことで笑顔溢れる地域を目指した運動の実践
  • 自ら輝く志高き同志の拡大
  • 未来へ羽ばたくこどもたちの青少年育成事業の企画と実施
  • 塩釜青年会議所新年式典の企画と実施
  • 笑顔溢れる地域のための行政や他団体との交流及び連携
  • 輝きを伝播するJC運動の発信
光り輝く人財育成委員会
toppage
calendar 作成日:2021年12月28日 calendar カテゴリ:光り輝く人財育成委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:光り輝く人財育成委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2022年度

公益社団法人塩釜青年会議所

光り輝く人財育成委員会    委員長 一山 寛恵

光り輝く人財育成委員会委員長 一山寛恵 2022年度委員会基本計画
 思考や属性の多様性を認める時代に進む中、交流や情報発信の手段は急変し、少数派を含む様々な人々の考えが世に出始め、従来の常識や価値観を超えた細やかな配慮が求められています。我々は改めて自らを省みて人間性を向上させ、敬意と優しさをもって人を見つめ、相手の心情や立場を想い、多種多様な価値観を受容できる人物になるとともに、様々な背景をもつ会員個々を尊重し、誰もが主体的に活躍できる組織になる必要があります。
 まずは、自らの輝きで市民を笑顔にするために、会員相互が特長を理解し尊重し合える関係を築くことで、環境や属性を問わず誰もが主体的に活躍できる組織となります。そして、多様な価値観を取り入れ進化し続ける組織であるために、会員が我々の地域における役割を理解し自信をもってJCI塩釜の魅力を市民に伝えることで、市民の入会意欲が湧きます。さらに、会員が人間性を高め思いやりのある人物となるために、他者に対する想像力を鍛える機会をもつことで、現状と理想の自分との差が自覚され、差を埋める行動を起こす契機となります。また、JCI塩釜の一員たる誇りをもつために、新入会員の活動起点となる場に集い、共に活動する意欲が高まります。そして、卒業生の功労へ敬意を表し意志を受け継ぐために、感謝を伝え想いを聴くことで、今後の自らの成長が思い描かれます。さらに、多様な市民の声に傾聴できる人物になるために、他団体と交流し、多様な価値観に触れ視野が広がります。また、地域を愛する能動的な市民を増やすために、交流や対話を通じて我々の情報を発信し、我々の運動に対する市民の理解と賛同が得られます。
 我々は自己研鑽を重ねて人間性を高め、他者の考え方を尊重し想いを汲み取ることができる人間になるとともに、各々に合った参画方法を受け入れ、誰もが主体的に活躍できる組織となって、会員一人ひとりが燦然と輝き、周囲を照らし、輝きの連鎖を生み出します。
2022年度委員会事業計画
  • 自ら輝くことで笑顔溢れる地域を目指した運動の実践
  • 自ら輝く志高き同志の拡大
  • 光り輝く人財の育成につながる企画と研修の実施
  • 塩釜青年会議所新入会員の活動起点となる企画と実施
  • 塩釜青年会議所卒業生の門出を祝福する企画と実施
  • 笑顔溢れる地域のための行政や他団体との交流及び連携
  • 輝きを伝播するJC運動の発信
煌めき輝く総務・広報委員会
toppage
calendar 作成日:2021年12月28日 calendar カテゴリ:煌めき輝く総務・広報委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:煌めき輝く総務・広報委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2022年度

公益社団法人塩釜青年会議所

煌めき輝く総務・広報委員会    委員長 大場 亜矢子

煌めき輝く総務・広報委員会委員長 大場亜矢子 2022年度委員会基本計画
 塩釜青年会議所は公益性と透明性のある組織運営にあたり、会員一人ひとりの力を束ね一丸となり明るい豊かな社会の実現に向けた運動を展開し、地域の負託に応えてきましたが、運動を支える組織づくりには継続する努力が不可欠です。当委員会では会の下支えを通して法令等に則った堅実な組織運営に寄与し、会員個々の活動を広く伝えて内外の良好な関係構築に貢献し、会員一人ひとりが煌めき輝く組織をさらに強化する必要があります。
 まずは、会員の主体的な活動のために、下支えとして活動し、塩釜青年会議所一丸となって運動を実践できる環境が整います。そして、地域の青年世代に成長の機会があることを伝えるために、活動を通し成長する会員の姿を広く発信し、同志の輪が広がります。さらに、行政等との信頼関係を構築するために、各種手続きや事業参加を通して連携し、地域内における組織間の協力体制が強化されます。また、会員の総意を反映するために、定款に基づき総会実施と総会資料作成をし、組織の団結力が高まります。そして、公益法人としての信頼に応えるために、法令上の手続きを確実に行い、我々の運動がより説得力をもって地域に理解されます。さらに、多種多様な立場からの意見を出し議論できる文化を育てるために、規則に則り会議の場と議事録を整え、会員が多様な価値観と向き合い自己成長に繋がります。また、我々の運動を伝播するために、柔軟で適切な情報発信を行い、市民に共感が広がり当事者意識が醸成されます。そして、積極的な参加で自ら輝く同志を労うために、褒賞・表彰を行い、努力を認め合う土壌を育て会員の参加意欲が高まります。
 塩釜青年会議所の組織基盤がより強固になり、円滑な組織運営のもと会員一人ひとりが輝く場が整い、公益に与した活動により地域から信頼と共感を得て、笑顔溢れる地域の未来に繋がり、個々の煌めきを束ねた大きな光で周囲を照らし、輝きの連鎖を生み出します。
2022年度委員会事業計画
  • 自ら輝くことで笑顔溢れる地域を目指した運動の実践
  • 自ら輝く志高き同志の拡大
  • 笑顔溢れる地域のための行政や他団体との交流及び連携
  • 定款に定められた総会の企画と実施並びに総会資料の作成
  • 地域の負託と信頼に応える、公益に与した組織の運営
  • 諸会議の運営並びに議事録の整備
  • 公益性に基づく情報公開と適切な手法を用いた、輝きを伝播するJC運動の発信
  • 会議所内褒賞・表彰・慶弔並びに各式典等の企画設営に関わる業務