公益社団法人 塩釜青年会議所
slogan
新型コロナウィルス感染拡大防止対策

最近の記事

new
未来創造委員会
toppage
calendar 作成日:2018年12月28日 calendar カテゴリ:未来創造委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:未来創造委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2019年度

公益社団法人塩釜青年会議所

未来創造委員会 委員長     ​畠山 匡功 委員長

2019年度委員会基本計画
 我々が活動する二市三町では、地域の特性を活かしたふるさとへ愛着を抱くひとづくりが求められていますが、市民同士が関わり合える交流機会の希薄化や、地域活動の担い手不足の問題を抱えています。そこで我々が二市三町の未来を見据え、ひととまちをつなぐ架け橋となり、地域との協働を通して、市民一人ひとりが自分ごとと捉える姿勢がまちづくりへ関心を高め、課題解決へ向け決断し行動できる人財を育成していく必要があります。
 まずは、心躍る未来のために、我々が目的意識を持ち課題に取り組むことで、地域を牽引していく先導者となります。そして、塩竈の未来を創造するために、ひととまちが一体となり笑顔咲く花火大会を実施することで、ふるさとへの感謝と未来を考える契機とします。さらに、新たなJAYCEEを育成するために、能動的に対外活動ができる環境を創ることで、当事者意識を育みます。また、卒業生の想いを受け継ぐために、感謝の気持ちを込めた祝賀会を設えることで、新たな仲間とともに地域の未来を想う気概を高めます。そして、行政や他団体と連携した活動を通して地域力を強化するために、持続的に市民が課題に取り組む環境を創ることで、まちを想う人財を育成します。さらに、委員会運営の情報を共有するために、議事録を速やかに開示することで、JC活動への理解と参画に繋げます。また、対外的に模範となるJAYCEEと自覚するために、行動規範と品格を学び、LOMの環境を整えることで、地域に必要な人財となります。そして、新しい時代を切り開くために、まちの未来を想う同志の拡大を行い、実行力を持った組織を構築します。
 未来を創造する我々が地域を牽引する先導者となり、ひととまちをつなぐ時、市民一人ひとりがふるさとへ愛着を抱き、当事者意識と決断力が地域に伝播し、積極的に地域社会へ参画する人財で構成される持続的な社会が、心躍る素晴らしい未来の実現に繋がります。
2019年度委員会事業計画
  • 心躍る未来へ向けた運動の実践
  • 「第72回塩竈みなと祭前夜祭花火大会」の企画と実施及び検証
  • 実践を通じた新入会員の育成
  • 卒業式祝賀会の企画と実施及び検証
  • 行政や他団体との交流及び連携
  • 委員会運営における受け手を意識した情報の発信
  • 積極的な参加・参画による会員資質の向上
  • 誰一人取り残さない会員拡大
まちづくり委員会
toppage
calendar 作成日:2018年12月28日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:まちづくり委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2019年度

公益社団法人塩釜青年会議所

まちづくり委員会 委員長     ​宮本 龍次 委員長

2019年度委員会基本計画
 塩釜JCは発足以来二市三町の魅力を発信し続け、住み良い地域となる運動を展開してきましたが、参加者や運営側が限定されつつあり、事業の目的が幅広く伝わっていない現状があります。そこで、我々自身が今一度活動や運動本来の意味と意義を見出だし、地域の人財や資源が持つ固有の魅力と価値を一般市民・各行政・地域企業とともに再認識し、未来を見据えた心躍る地域の創出と持続可能な発展ができるまちづくりの実践が必要です。
 まずは、心躍る未来へ向けた運動を実現するために、市民と感動を共有できる事業を開催することで、ひととまちが繋がるまちづくりとなります。そして、我々の運動への理解を促すために、新年式典・名刺交換会を開催し、本年度の新体制の方向性を伝播します。さらに、一年間の無病息災・安全祈願をするために、裸参りへ参加し、LOMの結束力を高めます。また、市民とともに歴史や文化を体感するために、塩竈みなと祭陸上パレードを行い、まちの魅力を伝承し郷土愛を醸成します。そして、歴史的に価値のある舞台を輝かせるために、アラハバキの灯を行い、地域に愛されるたからにします。さらに、活気に満ちた地域をつくるために、行政や他団体と連携を取り、地域の課題解決に向けた協力体制を強固なものとします。また、委員会運営を円滑にするために、メンバーの状況を意識した情報を発信し、親密な連携を築きます。そして、地域を想える人財を育成するために、使命感が持てる事業を行い、会員の参加意欲の向上を促します。さらに、新しい時代を切り開くために、まちの未来を想う同志の拡大を行い、実行力を持った組織を構築します。
 二市三町の市民と塩釜JCが手を取り合い、共に踏み出したその一歩は、波紋のように次代に向かい広がる持続可能な運動となり、地域の未来に対し固有の魅力や価値を創造し、夢や希望を抱ける我々と市民の行動こそが、心躍る素晴らしい未来の実現に繋がります。
2019年度委員会事業計画
  • 心躍る未来へ向けた運動の実践
  • 塩釜JC新年式典の企画と実施及び検証
  • 裸参り参加企画と実施
  • 「第72回塩竈みなと祭陸上パレード」の企画と実施及び検証
  • 「第10回アラハバキの灯」の企画と実施及び検証
  • 行政や他団体との交流及び連携
  • 委員会運営における受け手を意識した情報の発信
  • 積極的な参加・参画による会員資質の向上
  • 誰一人取り残さない会員拡大
総務広報委員会
toppage
calendar 作成日:2018年12月24日 calendar カテゴリ:総務・広報委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:総務広報委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2019年度

公益社団法人塩釜青年会議所

総務広報委員会 委員長     ​渡邊 陽介 委員長

2019年度委員会基本計画
 塩釜青年会議所は、明るい豊かな社会の実現を目指して地域の問題を抽出し、課題解決に寄与した運動を展開するとともに、その歴史の中で公益法人格を取得し今日に至ります。公益社団法人としての活動は、定款や諸規則に準じ、法令を遵守し、その認定基準を満たした組織運営が求められており、当委員会は当法人の根幹として会の下支えを通して、地域の負託と信頼に応える公益性を与した強固な組織体制を構築していく必要があります。
 まずは、心躍る素晴らしい未来へ向けた運動を実践するために、組織の根幹として活動し、当会の基盤を固めます。そして、全会員の意思を反映するために、定款に則り総会を実施し、強固な組織を構築します。さらに、地域の負託と信頼に応えるために、法令手続きを的確に行い、公益に与した組織運営を実現します。また、円滑な議論を促進するために、諸会議の運営並びに議事録を整備し、建設的な意思決定に繋げます。そして、明確な情報を共有するために、情報発信を強化し、地域に我々の運動を伝播することで、地域の理解を深めます。さらに、志をひとつにするために、入会式・祝賀会を行い、新たな同志と未来へ踏み出す契機とします。また、同志を送別するために、厳粛たる卒業式を行い、今後の活躍の原動力とします。そして、積極的な参加で貢献した会員と委員会を労うために、褒賞業務を行い、会員の士気を高めます。さらに、会員一人ひとりの成長の機会を創造するために、他団体との交流を図り、会員資質の向上に繋げます。また、新しい時代を切り開くために、まちの未来を想う同志の拡大を行い、実行力を持った組織を構築します。
 塩釜青年会議所の組織体制がより強固に構築されるとともに、公益社団法人として求められている組織運営を的確に実現し、地域から信頼され、責任ある団体として確立された我々は、次代に向けて新たな一歩を踏み出し、心躍る素晴らしい未来の実現に繋がります。
2019年度委員会事業計画
  • 心躍る未来へ向けた運動の実践
  • 総会の企画と実施及び検証並びに総会資料の作成
  • 地域の負託と信頼に応える、公益に与した組織の運営
  • 諸会議の運営並びに議事録の整備
  • 受け手を意識した情報の発信
  • 塩釜JC入会式・祝賀会及び卒業式の企画と実施及び検証
  • 会議所内褒賞・表彰・慶弔並びに各式典等の企画設営に関わる業務
  • 行政や他団体との交流及び連携
  • 積極的な参加・参画による会員資質の向上
  • 誰一人取り残さない会員拡大
2018年度卒業式・祝賀会
toppage
calendar 作成日:2018年12月09日 calendar カテゴリ:総務・広報委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2018年度卒業式・祝賀会
12月1日(土)ホテルグランドパレス塩釜にて、12月度例会「2018年度卒業式・祝賀会」を開催しました。
本年は歴代理事長をはじめとする多くの先輩諸兄が見守る中で安住陽一君、岩本孝道君、佐々木博美君、北村周平室君、鈴木洋市君、沼田真一君、、目々澤晋平君、我妻卓郎君、小野博基君が新たな門出を迎えました。
褒賞の部では最優秀委員会賞として高嶋啓佑委員長率いる未来創造委員会が受賞し、本年度最も活躍したマンオブザイヤー賞には宮城ブロック協議会運営専務を担った田中大輔君がその栄冠に輝きました。次年度の要職を担う二人には塩釜JCが更なる飛躍を遂げるべく多くの期待が掛かります。
また、伝達式においては本年の塩釜青年会議所を率いた第43代理事長赤間竜樹君から第44代理事長石川由起子君にこれまでの歴代理事長の想いが詰まったプレジデンシャルリースが引き継がれました。
祝賀会の部では新入会員が何ヵ月もかけて準備してきたアトラクションで場を盛り上げ、送辞では星直人専務理事がこれまでの卒業生の軌跡を読み上げ涙を誘いました。そして最後に、卒業生から現役メンバーに送るmessageを拝聴し、想いの詰まったバトンを受けとるとともにそのmessageを心に刻みました。私たち現役メンバーは卒業を迎える同志の背中をずっと見続けてきました。その想いと背中は私たちが必ずや次代に繋いで参ります。
ご卒業おめでとうございます。
「初志貫徹」
次世代が『愛』に満ちた時代を生きる為に!
確かな次代を強い覚悟と情熱で繋ぐ未来へ
~Message~

2018年度11月例会~地域団体交流会~
toppage
calendar 作成日:2018年12月09日 calendar カテゴリ:研修委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2018年度11月例会~地域団体交流会~
11月17日(土)、ホテル松島大観荘をにて11月度の例会を開催しました。
本月は地域団体交流会〜手を取りつながろう〜と冠し、行政・各種団体の皆様と交流を目的として、当日は当会議所含め80名近い参加を頂き、インタビュー形式を用いて参加団体の取り組みや理念を拝聴し、参加団体のご紹介をいただきました。また、懇親の部では混合チームにて力を合わせたレクリエーション等を行い盛会のもとに幕を降ろしました。
本例会は赤間理事長の掲げる理念に基づき柴原大委員長率いる研修委員会が年頭より活動しておりました。団体は違くとも『ふるさとを良くしたい』との思いは同じ皆様と交流を図ることで、我々の故郷がより豊かに、より住みやすいものとなるように手を取り合い積み上げた団結力を活かし真の地方創生に繋げて参ります。
ご参加いただきました皆様におかれましては心より厚く御礼申し上げます。
今後とも引き続きどうぞ宜しくお願い致します。