公益社団法人 塩釜青年会議所
slogan
新型コロナウィルス感染拡大防止対策

最近の記事

new
2018年度11月例会~地域団体交流会~
toppage
calendar 作成日:2018年12月09日 calendar カテゴリ:研修委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2018年度11月例会~地域団体交流会~
11月17日(土)、ホテル松島大観荘をにて11月度の例会を開催しました。
本月は地域団体交流会〜手を取りつながろう〜と冠し、行政・各種団体の皆様と交流を目的として、当日は当会議所含め80名近い参加を頂き、インタビュー形式を用いて参加団体の取り組みや理念を拝聴し、参加団体のご紹介をいただきました。また、懇親の部では混合チームにて力を合わせたレクリエーション等を行い盛会のもとに幕を降ろしました。
本例会は赤間理事長の掲げる理念に基づき柴原大委員長率いる研修委員会が年頭より活動しておりました。団体は違くとも『ふるさとを良くしたい』との思いは同じ皆様と交流を図ることで、我々の故郷がより豊かに、より住みやすいものとなるように手を取り合い積み上げた団結力を活かし真の地方創生に繋げて参ります。
ご参加いただきました皆様におかれましては心より厚く御礼申し上げます。
今後とも引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

第71回塩釜みなと祭前夜祭花火大会ご報告
toppage
calendar 作成日:2018年10月18日 calendar カテゴリ:未来創造委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:第71回塩釜みなと祭前夜祭花火大会ご報告

〜第71回塩竈みなと祭前夜祭花火大会報告〜

本年7月に開催されました花火大会の報告をさせていただきます。
花火大会開催にあたりご支援、ご協力賜りました皆様には心より厚く御礼申し上げます。


2018年第9回アラハバキの灯
toppage
calendar 作成日:2018年10月18日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2018年第9回アラハバキの灯


本日、10月14日(日)多賀城政庁跡にて『第9回アラハバキの灯』を開催致しました。
第9回を数えるアラハバキの灯、本年は赤間理事長が掲げる『愛』をコンセプトに市内の小学生が作成した行灯を多賀城政庁跡という歴史的な場所に設置することで幻想的な空間を創り出しました。開催に先立ち、菊地健次郎多賀城市長、小畑幸彦教育長よりご挨拶を頂戴し、特設ステージでは仙台育英獅子太鼓、七ヶ浜翔舞連演舞、平家琵琶、山王智世氏によるピアノ演奏が幻想的な空間に響き渡り、来場者を魅了しました。
終盤にはフォトコンテストの発表があり、どれも歴史的な場所にふさわしい甲乙付け難い作品でありました。ご投稿いただきました皆様にあらためて厚く御礼申し上げます。
本年も残すところ2ヶ月、我々、塩釜青年会議所一同は赤間理事長が掲げる所信のもと、明るい豊かな社会を目指し多くのメッセージを発信して参ります。これからも塩釜青年会議所を宜しくお願い致します。
「初志貫徹」
次世代が『愛』に満ちた時代を生きる為に!確かな次代を強い覚悟と情熱で繋ぐ未来へ
~Message~


アラハバキの灯
toppage
calendar 作成日:2018年09月27日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:アラハバキの灯

~第9回アラハバキの灯開催のお知らせ~


1014()16:00より第9回アラハバキの灯が開催されます。市内の小学生が作成した行灯に照らされた幻想的な空間が史都多賀城を感じさせます。開催に際し、フォトコンテストも同時開催しております。

①無料アプリ『歴なび多賀城』をインストール

②多賀城政庁跡で写真を撮影

③公益社団法人塩釜青年会議所のFacebookに送る

以上の簡単手順で応募できます。豪華賞品もご用意しておりますので、ふるってご参加ください。当日賞もございます。

また、当日、特設ステージにて仙台育英学園獅子太鼓部、七ヶ浜翔舞連、平家琵琶、ピアノ演奏を予定しております。

悠久の時を刻む史都・多賀城を是非体感してください。皆様のご来場お待ちしております。


日時:10月14日( 16:00~

場所:多賀城政庁跡

住所:宮城県多賀城市市川城前




9月度研修委員会公開委員会
toppage
calendar 作成日:2018年09月24日 calendar カテゴリ:研修委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:9月度研修委員会公開委員会

9/21(金)松島ホテル大松荘にて、研修委員会9月公開委員会~ブロック大会知らなくて委員会?~を開催致しました。
来年、我々がブロック大会を主管するにあたり、大会開催の意義や趣旨を再認識し、メンバーの意識を向上させるために、宮城ブロック協議会から講師として、2018年度会長安住陽一君、同じくブロック大会担当補佐小鷹雅至君をお招きし、学びを深めました。
我々は、今一度宮城の魅力、二市三町の魅力を見つめ直し、市民の方々にも興味を持ってご参加頂ける大会にするよう、メンバーが一丸となって取り組んで参ります。