最近の記事

new
未来創造委員会
toppage
calendar 作成日:2018年12月28日 calendar カテゴリ:未来創造委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:未来創造委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2019年度

公益社団法人塩釜青年会議所

未来創造委員会 委員長     ​畠山 匡功 委員長

2019年度委員会基本計画
 我々が活動する二市三町では、地域の特性を活かしたふるさとへ愛着を抱くひとづくりが求められていますが、市民同士が関わり合える交流機会の希薄化や、地域活動の担い手不足の問題を抱えています。そこで我々が二市三町の未来を見据え、ひととまちをつなぐ架け橋となり、地域との協働を通して、市民一人ひとりが自分ごとと捉える姿勢がまちづくりへ関心を高め、課題解決へ向け決断し行動できる人財を育成していく必要があります。
 まずは、心躍る未来のために、我々が目的意識を持ち課題に取り組むことで、地域を牽引していく先導者となります。そして、塩竈の未来を創造するために、ひととまちが一体となり笑顔咲く花火大会を実施することで、ふるさとへの感謝と未来を考える契機とします。さらに、新たなJAYCEEを育成するために、能動的に対外活動ができる環境を創ることで、当事者意識を育みます。また、卒業生の想いを受け継ぐために、感謝の気持ちを込めた祝賀会を設えることで、新たな仲間とともに地域の未来を想う気概を高めます。そして、行政や他団体と連携した活動を通して地域力を強化するために、持続的に市民が課題に取り組む環境を創ることで、まちを想う人財を育成します。さらに、委員会運営の情報を共有するために、議事録を速やかに開示することで、JC活動への理解と参画に繋げます。また、対外的に模範となるJAYCEEと自覚するために、行動規範と品格を学び、LOMの環境を整えることで、地域に必要な人財となります。そして、新しい時代を切り開くために、まちの未来を想う同志の拡大を行い、実行力を持った組織を構築します。
 未来を創造する我々が地域を牽引する先導者となり、ひととまちをつなぐ時、市民一人ひとりがふるさとへ愛着を抱き、当事者意識と決断力が地域に伝播し、積極的に地域社会へ参画する人財で構成される持続的な社会が、心躍る素晴らしい未来の実現に繋がります。
2019年度委員会事業計画
  • 心躍る未来へ向けた運動の実践
  • 「第72回塩竈みなと祭前夜祭花火大会」の企画と実施及び検証
  • 実践を通じた新入会員の育成
  • 卒業式祝賀会の企画と実施及び検証
  • 行政や他団体との交流及び連携
  • 委員会運営における受け手を意識した情報の発信
  • 積極的な参加・参画による会員資質の向上
  • 誰一人取り残さない会員拡大