最近の記事

new
第8回アラハバキの灯
toppage
calendar 作成日:2017年10月25日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:第8回アラハバキの灯
10月9日、多賀城政調跡にて「アラハバキの灯」を開催いたしました。今年は新たな試みとして、我々の活動エリア、二市三町のたからである名所旧跡を巡るクイズラリーを行い、最後のクイズポイントを「アラハバキの灯」会場としたことで、これまでにない人出となり、101名もの子供達にクイズラリーに参加して頂くことが出来ました。
行灯が敷き詰められた幻想的な風景の中、多くの市民の皆様に、自分たちの住むまちの歴史や魅力を再認識して頂けたことと思います。ご来場くださった皆様に心より感謝申し上げます。
2017年度新年式典・名刺交歓会
toppage
calendar 作成日:2017年02月16日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2017年度新年式典・名刺交歓会
2月15日 塩釜青年会議所の新年式典・名刺交換会を開催いたしました。深谷理事長の熱い所信表明を胸に、今年一年を全力で駆け抜けてまいります。

今年度も塩釜青年会議所の活動をよろしくお願い致します。
まちづくり委員会
toppage
calendar 作成日:2017年01月01日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:まちづくり委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2017年度

公益社団法人塩釜青年会議所

まちづくり委員会 委員長     ​宮本 柾史

宮本柾史委員長 2017年度委員会基本計画
 昨今、若者の地域離れの社会問題は、私達が暮らすこの地域においても市民参画を必要とする公益的な地域活動の衰退化を招き、愛する我がまちの存続と発展が懸念されています。地域で生かされている我々は、次世代に地域の良さを伝え、若者が地元で活躍する場を創出し、先輩諸兄から脈々と引き継がれるかけがえのない郷土への愛着を育む精神と地域の魅力を輝かせ発信し、明るい未来を次世代につなぐ元気溢れるまちづくりが必要です。

 まずは、我々塩釜JCが掲げる一年の方向性を発信するために、新年式典・名刺交換会の運営を執り行い、関係各所や諸団体と相互理解を深める交流を図り、共に活動する同志との結束力を高め、JC運動に対しての理解と協力を構築します。そして、地域の皆様とともに元気溢れる街の実現に向けた運動を実践するために、私達が暮らす二市三町の誇れる歴史・文化・伝統に焦点を当て、地域特性の魅力を多くの方々と共有し、地域が活気づくまちづくりを展開します。さらに、第70回の節目を迎える塩竈みなと祭では、未来につながる賑わいを呼び込み魅力ある元気なまちにするために、行政や他団体と連携を図り、産業復興と元気快復のルーツを紐解き発展させ、地域が感動でつながる市民参加型の陸上パレードの企画と運営を行います。また、史都多賀城への愛着が広がる運動を展開するために、市民団体や地域住民と共に多賀城政庁跡に秘める歴史的価値を保存から活用へと華開かせ、地域への誇りと郷土愛を育む舞台となる第8回アラハバキの灯の企画と運営を行います。そして、JCの理念に共感し運動を繋ぐために、新たな同志の拡大を行います。

 地域の魅力をより高め発信する我々のまちづくりは、人々に笑顔、まちに賑わい、未来に夢を創出する地域の活性化へと繋がり、未来を担う次世代が憧れを抱き、この地域を牽引し更なる発展へと導く人財が育まれ、二市三町への感謝が、元気溢れる街を実現します。

2017年度委員会事業計画
  • 塩釜JC新年式典の企画と実施
  • 『元気』溢れる街の実現!!へ向けた運動の実践
  • 地域に根差した進化する「第70回塩竈みなと祭陸上パレード」の企画と運営
  • 地域のたからをさらに輝かせる進化した「第8回アラハバキの灯」の企画と運営
  • 『元気』溢れる街の実現のために行政や他団体と相互理解を深めた連携
  • 『元気』溢れる街の実現につながる、全員で実践する志高き同志の拡大
2017年度塩竃みなと祭陸上パレード
toppage
calendar 作成日:0000年00月00日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:2017年度塩竃みなと祭陸上パレード
7月17日、第70回塩竃みなと祭りの陸上パレードを開催いたしました。。この大イベントを、皆様のご協力のもと成功裏に終わらせることができましたことに、改めて御礼申し上げます。雨が降ったりやんだりの天気でしたが、パレードの間は雨も降らず、参加していただいた皆様にも楽しんでいただけたと思います。また、我々も全員の力を結集し、大事業をやり遂げたことで、大きな達成感と学びを得ることができました。

今年度も残り半年を切りましたが、地域のために全力で活動に取組んでまいります。