公益社団法人 塩釜青年会議所
slogan

最近の記事

new
未来の塩釜JC創造委員会
toppage
calendar 作成日:2016年01月01日 calendar カテゴリ:未来の塩釜JC創造委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:未来の塩釜JC創造委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2016年度

公益社団法人塩釜青年会議所

未来の塩釜JC創造委員会 委員長     ​松戸 悟

松戸 悟委員長 2016年度委員会基本計画
 塩釜青年会議所は夢が溢れる二市三町の創造に向けて41年目の新たな一歩を踏み出しましたが、私たちの活動するエリアには未だ多くの問題や課題が痕跡しております。市民、企業、他団体と地域の諸問題を共通認識し、塩釜青年会議所が地域の先頭に立ち明るい未来に向けて活動し運動を発信していくことが必要不可欠です。次代を担う私たち責任世代が、今後も地域を牽引するリーダーとなり「まち」を今以上に輝かせる必要があります。

 まずは、私たちの活動エリアであるかけがえのない「まち」を輝かせるために、自らを律し利他の精神を我々が抱き、困難に直面しても共助の精神を抱き問題解決へ導くことで市民と一体となる「まち」が輝く未来の実現を目指した学びの機会を企画実施します。そして、昨年より参画した塩竈みなと祭前夜祭花火大会や先輩諸兄が繋いでこられた塩竈みなと祭陸上パレードは誇りある事業であり、今後もふるさとの人々の笑顔を絶やさないために、郷土愛を育み地域活性化に繋がる塩竈みなと祭陸上イベント統括を行います。さらに、未来を担う次世代の青年達がこの地域の将来に携わり、地域が抱える諸問題に直面しても立ち向かい解決の出来る自立したリーダーを育てるために、地域社会と共に成長できる市民を巻き込んだ青少年の人材育成事業を行います。また、塩釜青年会議所の活動と運動を、活動エリアの人々や企業により身近に感じて頂くとともに、市民参加型の事業を企画しより効果的に発信実施するために、行政や他団体と相互理解を深めた連携を計ります。そして、JCの理念に共感し運動を伝播していくために、志高き仲間の拡大を行います。

 塩釜青年会議所メンバー一人ひとりが市民意識の変革を行うための問題解決に寄与し、青年として夢を描き自らの手で掴んだとき、市民とともに課題を共通認識し行動できる真のリーダーとなり、かけがえのない「まち」が『夢』溢れる二市三町の創造に繋がります。
2016年度委員会事業計画
  • かけがえのない「まち」が輝く未来への実現へ向けた運動の実践
  • 地域に根差した『夢』溢れる「第69回塩竈みなと祭前夜祭花火大会」の企画と運営
  • 地域の課題・問題から導きだした青少年育成事業の企画と実践
  • かけがえのない「まち」が輝くために行政や他団体と相互理解を深めた連携
  • かけがえのない「まち」が輝くことに繋がる、全員で実施する志高き同志の拡大
まちづくり委員会
toppage
calendar 作成日:2016年01月01日 calendar カテゴリ:まちづくり委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:まちづくり委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2016年度

公益社団法人塩釜青年会議所

まちづくり委員会 委員長     ​黒田 徳彦

黒田 徳彦委員長 2016年度委員会基本計画
 我々塩釜JCメンバーは、二市三町に思いを寄せ日々地域の未来を見据えながら活動し、このまちの輝きを求めて運動を展開してきました。そして、責任世代である一人として誇りを持ち今まで以上に市民を牽引し、笑顔や夢が溢れるまちを築いて行くことが大切です。さらに、我々は地域市民の意識変革をより考えて常に歩み続けるとともに、次世代に愛する我がまちへの想いを繋いで、夢を描ける明るい魅力あるまちを創ることが必要です。

 まずは、地域の魅力を次世代へ繋いで行くために、我々の活動エリアである二市三町の素晴らしい誇りある特性を再認識し、今までメンバーが培ってきた経験や知識を融合させ、愛する我がまちの未来へと想いを描くことの出来る、学ぶ機会の企画と運営を行います。そして、歴史ある塩竈みなと祭陸上パレードを通じて、市民が未来へ想いを描けるまちにするために、会員が今一度祭りの歴史を紐解き、参加者とともに盛り上げ、笑顔に溢れ夢と希望に満ちた「第69回塩竈みなと祭陸上パレード」の企画と運営を行います。さらに、多賀城政庁跡で行われて来たアラハバキの灯では、地域のたからを保存から活用へ移行するために、地域市民とともに幻想的な空間を創造し、魅力ある地域のたからの価値を高め、より輝かせ進化した「第7回アラハバキの灯」の企画と運営を行います。また、私たちの運動を認識して頂き地域市民からより必要とされる団体になるために、時代に必要な可能性を創造し、行政や他団体とともに協力し合い、相互理解を深めた連携を図ります。そして、JCの理念に共感し運動を伝播していくために、志高き仲間の拡大を行います。
 
 これらの事業を通じて、塩釜JCメンバーが地域の素晴らしさや夢と希望を、未来へ想い描くことが出来ます。このエリアに住む市民を巻き込み運動を発信し意識変革することで、笑顔や輝きに満ちたかけがえのないまちの『夢』溢れる二市三町の創造に繋がります。
2016年度委員会事業計画
  • かけがえのない「まち」の未来を目指した実現へ向けた運動の実施
  • 地域に根差した『夢』溢れる「第69回塩竈みなと祭陸上パレード」の企画と運営
  • 地域のたからをさらに輝かせる進化した「第7回アラハバキの灯」の企画と運営
  • 地域が輝くために行政や他団体と相互理解を深めた連携
  • 地域が輝くことにつながる、全員で実施する志高き同志の拡大
総務・広報委員会
toppage
calendar 作成日:2016年01月01日 calendar カテゴリ:総務・広報委員会 calendar 画像:無し
calendar 記事:総務・広報委員会

公益社団法人塩釜青年会議所 2016年度

公益社団法人塩釜青年会議所

総務・広報委員会 委員長     ​沼田 真一

沼田 真一委員長 2016年度委員会基本計画
 塩釜青年会議所は、公益社団法人格を有しており、法令を遵守した健全な組織運営をする責務と、次世代へ繋いで行くことが必要不可欠です。組織運営の透明性を保ち理事会や総会を、定められたルールに則り運営管理を行い、内部の活動を支える責務があります。また、私たちの活動を外部に発信し、かけがえのない『まち』が輝く未来への実現へ向けた運動を地域の皆様に広げ、地域と共に『夢』溢れる二市三町の創造する必要があります。

 まずは、公益社団法人として相応しい活動を維持・発展させ、かけがえのない「まち」が輝く未来への実現へ向けた運動の実践のために、規律を保った設営と運営を行います。そして、関係各所との連携と組織の方向性を明確にするために、新年式典・名刺交換会を行い、新年度を迎えた塩釜青年会議所を地域の方々にお伝えし多くの方々との親睦を深めていきます。さらに、地元社会を牽引する団体として信頼と共感を、より強いものにするために、地域の負託と信頼に応える公益に与した組織の創造の後支えを行っていきます。また、私たちの運動をより多くの方々に理解と関心を持って頂くために、SNSや各種ツールを活用し「魅力ある塩釜JC」を発信し続けることで、私たちの運動に参画する機会を増やしていきます。そして、多くの苦楽を共にした仲間の成長を称え今まで塩釜青年会議所を支えてくれたメンバーの新たなる門出を祝福し先輩諸兄の想いを次世代へ伝承するために、次年度以降への想いを個々に高めることに繋がる感動のある卒業式を企画します。さらに、JCの理念に共感し運動を伝播していくために、志高き仲間の拡大を行います。

 私たちは、塩釜青年会議所が地域の活性化に寄与し、私たちの使命を、個々のメンバーが認識し、活動を通して公益性を高めていきます。そして志が高い多くの仲間と、地域社会と共に手を取り合い、連携し続けることで、『夢』溢れる二市三町の創造に繋がります。
2016年度委員会事業計画
  • かけがえのない「まち」の輝く未来への実現へ向けた運動の実践
  • 総会の企画と実施並びに総会資料の作成
  • 塩釜JC新年式典の企画と実施
  • 地域の負託と信頼に応える、公益に与した組織の創造
  • 諸会議の運営並びに議事録の整備
  • 公益性に基づく「魅力ある塩釜JC」の発信及びSNSを活用したJC運動の発信
  • 塩釜JC卒業式の企画と実施
  • 会議所内褒賞・表彰・慶弔並びに各式典等の企画設営に関わる業務
  • かけがえのない「まち」が輝くことに繋がる、全員で実施する志高き同志の拡大
公益社団法人塩釜青年会議所2015年度卒業式・祝賀会
toppage
calendar 作成日:2015年12月15日 calendar カテゴリ:総務・広報委員会 calendar 画像:有り
calendar 記事:公益社団法人塩釜青年会議所2015年度卒業式・祝賀会

12月12日(土)公益社団法人塩釜青年会議所2015年度卒業式・祝賀会を、グランドパレス塩釜にて行いました。今年、40歳を迎え塩釜青年会議所(以下塩釜JC)を卒業するのは、1975年(昭和50年)生まれの8名でした。

佐藤 知樹君
阿部 剛典君
高村 功一君
水戸 英志君
今野 洋志君
庄子 友博君
高橋 孝 君
小島 邦道君
(入会年度順)

OB会会長を始めとするOBの皆様やメンバーが見守るなか卒業式が開会され、志賀理事長より卒業生に卒業証書と記念品を授与いたしました。そして卒業生代表として佐藤知樹君より卒業生挨拶を頂戴しました。その後、祝賀会に移り本年度の褒賞授与が行われました。最優秀委員会賞には未来のJC創造会議が。理事長賞には松戸悟君と、総務・広報委員会が。そしてMAN OF THE YEAR 賞には髙嶋啓佑君が選ばれました。そして志賀理事長から2016年度理事長、安住陽一君へプレジデンシャルリース伝達が行われ、次年度体制へバトンが渡されました。
     
そして赤間専務から送辞が送られました。今年は例年と異なり何名かが送辞に乱入するという珍事もございましたが、それぞれに素晴らしい送辞が送られました。最後に卒業生一人一人からメッセージという形でお話しを頂きました。卒業生の皆様、長い間、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
       
総務・広報委員会 一同
会員拡大・研修委員会 一同

投稿者:総務・広報委員長
小鷹 雅至

公益社団法人塩釜青年会議所 創立40周年記念式典
toppage
calendar 作成日:2015年11月16日 calendar カテゴリ:40周年記念行事 calendar 画像:有り
calendar 記事:公益社団法人塩釜青年会議所 創立40周年記念式典
【御礼】
このたびは、公益社団法人塩釜青年会議所 創立40周年記念式典にご臨席いただき、誠にありがとうございました。ご来場いただいた皆様より温かいご祝辞の言葉を頂き、記念式典が盛大に開催出来たことに会員一同心から感謝いたしております。なお、40周年という節目の年を向かえ、今後、全会員一丸となって、いっそう精励していく所存でございます。今後とも、なにとぞご支援ご指導を賜りますようお願い申しあげます。最後に、本記念式典にご参加頂きました方々にあらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。
              
公益社団法人 塩釜青年会議所 会員一同